「企業整備反対闘争」絵はがき

メタデータ
  • アイテムセット
  • Description
    三池炭鉱労働組合発行の 8枚組袋入り絵はがき。袋の裏には「正常なる労使のルールを蹂躙し、不法にも組合の弱体化と資本の利益追求のみを 企図した三井鉱山五千余名の首切りに対し五万の労働者と二十万家族は血の一滴までも傾け盡した斗争を展開している。 秋の日に顔をやき、寒空に幼児を抱き乍ら官憲の弾圧にもめげず会社の不誠意を追及し続けて既に九十日。此の斗いこそ、 全労働者の首切りに繋り、平和への途である事を信じて疑はない 三池炭鉱労働組合」と書かれてある。

    絵はがき作成の目的は、同組合員はもとより、主に全国の支援労組から資金カンパを得るために頒布されたものと思わ れる。

    「此の斗い」とは、「企業整備反対闘争」のことで、昭和28年8月7日、三井鉱山が鉱員5738人(うち三池関係1722人) の希望退職者募集を発表したことに端を発し、全山で696人が退職するも2768人は拒否、結果、その2768人に対し指名 解雇が通告され、9月より首切り反対闘争が展開されていった。

    同年12月5日、ついに会社側は指名解雇を撤回、組合側の勝利となった。これは113日にもわたる家族ぐるみの闘いで あり、別名「英雄なき113日の闘い」とも呼ばれた。
  • Identifier
    ehagaki1
  • Creator
  • Extent
    8
  • Medium
  • Alternate Forms Available
  • Acquisitions
  • Level
  • Subject