坑内帽

アイテム

タイトル

坑内帽

内容記述/Description

ヘルメットの前部にはキャップ ランプを取り付ける金具が付いていて、そこへキャップランプを装着し、つながれたコードでバッテリーに接続。そのバッテ リー(約15cm×18cm大)は腰の後ろに付け作業する。ズシリとした重さで作業は大変だったという。しかし、真っ暗闇の 地の底においては、このキャップランプの灯りのみが頼りだった。

キャップランプは昭和28年頃から使われるようになり、それまでは、カーバイトのアセチレンガスを発生させて灯すガス かんてら、油を使った油かんてらが使われていたと言い、しかしそれでは坑内ガスに引火すればひとたまりも無く、改良さ れてバッテリー式のキャップランプが考案された。

また、ヘルメットに関しても、現在のアルミ製になったのは、昭和30年代に入ってからとのことで、それまでは布製の作 業用帽子だったという。

資源識別子/Identifier

osakama

サイズ/Extent

1

媒体/Medium

Acquisitions

Level

キーワード/Subject

アイテムセット

http://www.miike-coalmine.org/data/osakama.jpg